refulgens [CD] / v.Hillenbrandt.7743
[ATRD1206   Release: 2012-04-30]

【DETUNEオフィシャルサイトからのコメント抜粋】

「なんというかっこよさ!長尺にも関わらず決して途中で逃れ慣れないこの魅力。絡みつくようなグルーヴに音色選択のセンス、そしてディレイでのローファイ&コンプ効果、圧倒的な完成度。素晴らしい!!!」
(KORG M01 本日はこの曲!:eburneus[sx])

「以前作った曲のM01バージョン、との事で、ちょっと懐かしい感じも含め素敵です。ダンス系に振らなかったのが逆に印象的でした」
(KORG M01 本日はこの曲!:via sericaria)

「オールナイトデチューンでやってくれた曲の、その全尺版」
「最初気付かなくて、これ良いなー!と思って見たら(作者が)7743だった」「格好良い」

(All Night Detune(2011.01.28)DETUNE LIVE 02/25/11:argenteus)

「5分過ぎあたりから特に、Fenneszを彷彿させる美しさ!以前ご紹介のDaitengさんともども、KORG M01ノイズ界を広げていってください」
(All Night Detune(2011.01.28)KORG M01 本日はこの曲!:ferrugineus)

株式会社DETUNEは、『リッジレーサー』『鉄拳』シリーズ、『ドラッグ・オン・ドラグーン』、OMYでの活動等多くの実績を持つ作曲家・佐野信義氏によるシンセアプリ開発会社。KORG DS-10、KORG M01の生みの親。最新作は自作曲選集『Gradation』、iOSベースでの簡単シンセ『I am synth』、YAMAHAとの連携で往年のFM音源チップYM2151(OPM)をiPadアプリで再現した『iYM2151』。
※コメント転載につきましては(株)DETUNE様からの許諾を得ています




【KORG M01一本で出来ること。】

ニンテンドーDS用ソフト『KORG M01』縛りで、ミュージック・ワークステーションとして果たしてどれぐらいの曲をどれだけ幅広く作れるかを目指して作られた曲集(※)。DETUNE関連の公式イベントでプレイした楽曲や「KORG M01 本日はこの曲!」で取り上げられた楽曲など、多岐に亙るジャンルをROMの保存領域ほぼ1本分・全9曲リマスタリング収録。

素直にM01を使いつつも緻密に打ち込まれた「sapphirus」「chryseus」、ディレイによる疑似コンプで低域の音圧を増幅させた力強いロック「aeruginosus」「eburneus」、逸脱したドラム打ち込みのニューウェーヴ「piceus」、そして開発者も完全に想定外だったと発言した使用法で作られた「argenteus」「ferrugineus」は、あらゆる可聴帯域から発する轟音のみならず荘厳なコーラスも組み合わせた、ノイズ曲であるにも拘わらず一種独特の美しさが同居する楽曲となっている。
また、ライヴイベント等でイイ雰囲気を出す為にたまにプレイするあのカヴァー曲をボーナストラックとして収録。

※但し1曲だけ、学研SX-150を地味にオーバーダブしています。卑怯者等といったそしりは後程体育館裏にてお伺いします。
※曲中に多数ノイズが含まれている場合がありますが、これは作者の意図に因るものです








KORG M01/D

noise, industrial, house, rock, pop, progressive, new wave, ethnic


[Artist Info] v.Hillenbrandt.7743
v.Hillenbrandt.7743(odradek7743)は、Gadgetron Soundsの筆頭土方。KORG M01とKORG DS-10PLUSをメイン機材として、ノンジャンルな作曲活動をする数多の7743の一人。作曲、デザイン、webプログラム等やれそうなことは取り敢えず自分でやる自己完結型7743。得意分野は凡そクラブ系から程遠いノイズ/インダストリアルとゲーム音楽系。
ライヴ活動は2011年から開始。(株)DETUNEの公式イベント「オールナイトデチューン」での客演を機に、「東京ゲー大」「4starオーケストラ」「YOUTUNE」「Pulse」「Dee-Cie Freaks」「The Meating」等のガジェット楽器系ライヴイベントでも不定期に活動。
作品リリースではDS-10/M01縛り×5作品の他、雑音部『まんきつ!』、UNNOISELESS 『UNNOISELESS NOISE COMPILATION 001』、若草レコード『DS-10 RESUSCITATION』等のコンピレーションにも参加。ゲーム作曲家や音楽ライターからも評価を得ている。
Twitter: @odradek7743
>> official website(1)   >> official website(2)